[バスキア]


40点


スタートからいきなりマイケル・ウィンコットのナレーションで始まり大満足。 ゲイリー・オールドマンやデビッド・ボウイ、デニス・ホッパーなどの 豪華キャストによる演技も、芸術家としての苦悩や孤独なんかが覗えて かなりよかったと思います。 バスキアがウォーフォールの死後、彼の仕事をする姿などを ビデオで見て涙を流すシーンが心に残りました。 バスキアとウォーフォールが一緒に笑い合ったり写真を 撮ったりしているのを見ると、涙が溢れてきました。 いろんなところで生まれる友情を感じました。
戻る