[デッドマン・ウォーキング]


100点


この映画を最後の方は、何とか死なずに真実をと祈っていたがそれが届かなかった。 マシューはなぜ人を殺しておきながらヘレンに無実と主張したのか。 もちろん不公平さもあったのだろうけど それ以前に命の尊さというものに気づくのがあまりにも遅かったと思う。 最後まで手に汗握る、悲しい映画でした。 最後は、涙で画面が見えなくなるくらい泣きました。 お勧めです。
戻る