[カンパニー・マン]


80点


題名からして期待は出来ないな・・・と思いつつ観た映画がこの映画でした。 はじめは、「おっ?綺麗な映像だな」と思いました。私はめっぽう映像美に 惹かれやすいのです。 そこからストーリーが進行していくにつれて「チャーリーズ・エンジェル」 「アリー・マイ・ラブ」に出演しているルーシー・リューが出てくるじゃ ありませんか!映像が綺麗だし、ルーシー・リューも出てくるし もしかして有名な映画?と、気になった私はWOWOWで観れる「映画」の詳細を 見てみると「キューブ」を撮った監督(ヴィンチェンゾ・ナタリ監督)の作品 だと言う事が分かりました。 最近、「キューブ」シリーズにハマって観たばかりだったので「これは、期待 できるかも」と思いながら観ました。見ている人を飽きさせないストーリーと 「キューブ2」の綺麗な映像を思い出させるような鮮やかな映像スタイル。 個人的なんですが、こういった映像がすきなんです。さらに、ストーリーも単 純かと思いきや、見る人をあっと思わせてくれるような展開が一転、二転とあ り最後に「あ〜!まじですか!」となるような映画でした。 それから、私のこの映画の一押し!それは、なんと言ってもルーシー・リュー です。「フィフス・エレメント」に出てくる、ミラ・ジョボビッチを思わせる ような不思議な感じが出ていて、とても魅力に感じました! ヴィンチェンゾ・ナタリ監督ってそんな作品が多いんですよね。 「キューブ2」といい「カンパニー・マン」といい、作品の構成が複雑で斬新 だから何度、観てもあきません。観れば見るほど、作品を理解して楽しむこと が出来るような映画でした。 この監督は、映像も綺麗なので観るだけでも楽しめるような気がします。 「カンパニー・マン」と言う映画をたまたま観たおかげでヴィンチェンゾ・ナ タリ監督のファンになりそうです
戻る